就職することは得?メリット・デメリットについて

フリーターと就職することの違い

働く時に、気になるポイントのひとつが雇用形態ですよね。アルバイトとして働く場合をフリーター、就職して働いている人を正社員と区分することができます。フリーターと正社員の大きな違いとして、各種保険の加入や昇給、賞与の有無といったポイントがあります。フリーターの場合は自分自身で年金に加入することが多く、保険も自身で支払いをおこなうことになります。社員の場合は会社の所属する保険に加入し、年金や保険を給与から天引きされることが多いといわれています。

就職することで得られるものとデメリット

フリーターの場合、年金を自身で全額支払うことに比べ、社員として加入している場合には会社が半分費用を負担してくれます。そのため経済的な負担が減ることがメリットといえるでしょう。また、昇給や賞与といった嬉しいポイントも存在しています。そのぶん、任せられる仕事の幅や責任が増えることも多くなる傾向にあります。長い拘束時間や勤務日数も会社に定められた通りにおこなう必要があるので、時間に余裕があるのはフリーターといえるでしょう。

就職すると責任が伴うことも

就職をおこなうことで、職務に責任が生じることがあります。長い年数働くごとにできることも増え、成長していくことができますが責任も付きまとうといってよいでしょう。そのため、プレッシャーを感じやすい、毎日決められた日数や時間どおりに働くことが苦手という人は慣れるまで大変かもしれません。しかし、就職することで職務の幅が広がり成長が目指せるなど嬉しいメリットもたくさんあります。自分自身のライフスタイルに照らし合わせて、就職を考えてみると良いでしょう。

CADオペレーターとは、Computer Aided Designという建築や機械等の設計図等を作成するソフトウェアシステムを使い、設計者の指示に従ってパソコン上で図面の調整や修正を行う職種のことです。