介護の仕事に挑戦!大切な心構えや仕事内容は?

介護をしたいという気持ちが大切

介護の求人は、少子高齢化の影響で増加傾向にあります。なので介護の仕事に全く関心が無かった人も、挑戦するようになりました。ただ、そこに待っていたのは高い離職率でした。介護職の求人の多さは、単に少子高齢化だけが原因ではなく人が辞めることも原因です。実際に働いてみて仕事内容が合わないということはよくありますが、それ以前に本気で人を介護したいという気持ちが欠如しているとこの仕事は継続できません。人を介護したいか、今一度考える必要があります。

意外と体力を使う仕事

介護の仕事は、意外と体力を使います。要介護者は自分一人の力ではスムーズに生活できないので施設に入っているので、あらゆる手助けをしなければいけません。お風呂はもちろん、トイレや歩行の補助など手助けは多岐に渡ります。何十キロもある一人の人間を支えることになるので、筋力が十分でないといけません。そして、日勤だけでなく夜勤もある場合が多いので健康管理が大変です。自律神経が乱れるなどすれば不健康な状態になるので危険です。

信頼関係を構築したい

介護職は、無言で要介護者をサポートする仕事ではありません。目をしっかり見てコミュニケーションしながらサポートします。接客業などとは違い、毎日同じ相手と顔を合わせるので、信頼関係を構築できないといつまで経っても気まずい気持ちで仕事をしなければいけません。気まずいだけでなく、要介護者から嫌われるなどすると更に仕事をしにくい環境になります。しかし毎日笑顔でコミュニケーションできれば、仕事が楽しくなって継続できます。

少子高齢化社会が深刻となっており、介護や看護といった職業の需要がとてもたかまっています。そういったこともあり、介護の求人を東京で探すとすぐに見つけることができます。